[ EC-CUBE ] 商品詳細ページごとのキーワード

EC-CUBEで商品を登録する際にはキーワード設定欄があるにも関わらず
なぜか商品詳細ページには反映されない・・・・意味なし。

そこで以下の部分を修正するとそのキーワードがmetaの中に入ってくる。

【修正ファイル】 data/Smarty/templates/テンプレ名/site_frame.tpl

【修正前
<meta name="keywords" content="<!--{$arrPageLayout.keyword|escape}-->">
【修正後
<meta name="keywords" content="<!--{$arrPageLayout.keyword|escape}--><!--{if $arrProduct.comment3}--><!--{$arrProduct.comment3|escape}--><!--{/if}-->" />
直るそうだ。
ていうかちゃんとキーワードが入った。

[ EC-CUBE ] BLOCKGROUPにEC-CUBEをインストール

今まで使ってたxreaでEC-CUBEをインストールしようとしたが
エラー出まくり・・・
xreaでインストールに成功した人の手順を見ながら
何度か試してはみるもののエラー出まくり★

xreaでのインストールをあきらめ、
EC-CUBEの公式サイトでインストールできると書いてある
「BLOCKGROUP」でインストールすることにした。
(xreaも公式サイトでインストールできるって書いてんのにな・・・)

EC-CUBEのダウンロード

EC-CUBEのダウンロードページからダウンロード。
今回インストールしたバージョンは2.0.1。

アップする際の注意点

BLOCKGROUPの場合「htdocs」フォルダに
「html」フォルダをそのままアップすると
最終的なEC-CUBEを使ったサイトのURLが
http://xxx.yyy.com/html/
という風になってしまう。

またBLOCKGROUPで紹介されている
EC-CUBEのインストール方法でインストールしても
http://xxx.yyy.com/eccube/html/
というふうになってしまう。

http://xxx.yyy.com/
でアクセスさせるには一工夫が必要。
「htdocs」フォルダには「data」フォルダと「html」フォルダの中身を
アップする必要があるそう。
(他のサーバーでは「public_html」またはドメイン直下に
「data」フォルダと「html」フォルダの中身をアップする)

アップの前の準備

前の手順でフォルダの構成を変えたため
「html」フォルダの中にある「define.php」を開き、
3行目あたりを下記のように変更する。

define("HTML2DATA_DIR", "/../data/");


define("HTML2DATA_DIR", "/data/");

アップロード

FFFTPなどでサーバーにアクセス。
「public_html」フォルダの中の「htdocs」フォルダに
まず「data」フォルダをアップ。
そして「html」フォルダの中身を「data」フォルダと同じ場所にアップ。

htdocs ― ―data
∟abouts
∟admin
∟campaign
   ・
   ・
   ・

サイトにアクセス

http://xxx.yyy.com/にアクセス!

 キャプチャー:BLOCKGROUPにEC-CUBEをインストール1

『EC-CUBE インストールを開始します』が表示されたら 「次へ進む」をクリックして、次へ。

■アクセス制限のチェック

キャプチャー:BLOCKGROUPにEC-CUBEをインストール2

これも問題なく「次へ進む」をクリックして、次へ。


必要なファイルのコピー

キャプチャー:BLOCKGROUPにEC-CUBEをインストール3

これも問題なく「次へ進む」をクリックして、次へ。


ECサイトの設定、WEBサーバの設定

キャプチャー:BLOCKGROUPにEC-CUBEをインストール4
必要事項を入力する。 WEBサーバの設定は特に入力する必要がないので
そのまま 「次へ進む」をクリックして、次へ。


データベースの設定

キャプチャー:BLOCKGROUPにEC-CUBEをインストール5

BLOCKGROUPからきた
「BLOCKGROUPサイト作成完了メール!」の中の
『●phpMyAdmin(データベースGUI)ログイン』の部分を参照しながら

DBの種類:MySQL
DBサーバ:localhost(またはそのまま)
ポート:ここは無視
DB名:メールのphpMyAdminのID
DBユーザ:メールのphpMyAdminのID
DBパスワード:メールのphpMyAdminのPW

それぞれを入力して「次へ進む」をクリックして、次へ。


データベースの初期化

キャプチャー:BLOCKGROUPにEC-CUBEをインストール6

ここも特に気にせず「次へ進む」をクリックして、次へ。
 もしデータベースを初期化したくない場合は
 「データベースの初期化処理を行わない」にチェックを入れて
 「次へ進む」をクリックして、次へ。

 キャプチャー:BLOCKGROUPにEC-CUBEをインストール7
すべて成功したら「次へ進む」をクリックして、次へ。


サイト情報について

キャプチャー:BLOCKGROUPにEC-CUBEをインストール8

これは任意みたい。 「はい」か「いいえ」を選択して「次へ進む」をクリックして、次へ。

 キャプチャー:BLOCKGROUPにEC-CUBEをインストール9

これでEC-CUBEのインストールが完了!!
 「管理画面にログインできます」から管理画面にアクセス!


ファイルの削除

キャプチャー:BLOCKGROUPにEC-CUBEをインストール10
管理画面に移ると
「>> /install/index.phpは、インストール完了後にファイルを削除してください。」
というエラーが出てくるので、
「htdocs」フォルダ→「htdocs」フォルダ→「install」フォルダの
「index.php」ファイルを削除する。

 キャプチャー:BLOCKGROUPにEC-CUBEをインストール11

管理画面を更新するとエラーが消える。

 キャプチャー:BLOCKGROUPにEC-CUBEをインストール12

IDとPASSWORDを入力しログインできたらお店のECサイト完成!!

 キャプチャー:BLOCKGROUPにEC-CUBEをインストール13